季節を楽しむ屋形船

屋形船はどこで乗れるの?

屋形船はどこで乗れるの?

屋形船はどこで乗れるの? 屋形船は宴会や花見、花火大会などで利用可能な娯楽船です。
普段は会社の近くの居酒屋での宴会、たまには趣向を変えて東京湾のクルージングを兼ねての飲み会を開きたい時、どこで乗る事が出来るのか分からない人も多いのではないでしょうか。
屋形船を運行しているのは船宿と呼ぶお店になります。
船宿は釣り船などの娯楽船も取り扱っているお店などで、元々は釣り客のための宿泊施設を用意しているなどの特徴を持っています。
現在では宿泊施設を持つ船宿は数が少ないのですが、屋形船や釣り船を利用したい時に便利です。

屋形船を取り扱っている船宿は、東京などの場合であれば、荒川や隅田川の河口近く、新橋や浜松町などの海沿いエリアにあります。
お店からすぐの場所に船着き場が設けてあり、利用する時には最初にお店に集合し、そこからお店の人の案内で船着き場まで歩いて行く、もしくは車を利用して案内してくれるお店もあるなど様々です。
周遊コースなどに応じてお店を選ぶのがお勧めです。

屋形船文化が根付いている地域

屋形船文化が根付いている地域 屋形船といえば、どこの地域を一番に想像される人が多いでしょうか。
まず見たことがあって思いつくのが、東京の隅田川でしょう。
お台場などから、たくさんの屋形船がゆっくりと停泊しているのをみることができます。
他に東京で見られる地域は、浜松町や品川近辺になります。
隅田川は、川沿いに見どころが多いのが特徴です。お台場やレインボーブリッジ周辺を周遊するコースが多く、昼も夜も楽しめます。
また春の花見や夏の花火に秋の夜景観光など、季節を問わずに観光ができます。
東京以外では酒屋・名古屋・大阪・福岡などでも営業がありますが、やはりイメージは東京です。
これはなぜかというと、屋形船が栄えたのが江戸時代だからです。
金銀漆の装飾で豪華に彩られた屋形船が、大名や豪商などをのせ花火や月見に花見などの遊びに愛用されていたそうです。
時代劇でも当時の遊びの象徴としてでてくることがありますが、やはり江戸時代で今の東京をモチーフにしています。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>
\n"; echo "
「".$q."」
に関連するツイート
\n"; echo "
Twitter
\n"; echo "
\n"; echo "
\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('https://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>